Yoshihiko Matsumoto

About

Yoshihiko is an Assistant Professor at Department of Mathematics of Osaka University in Japan. He is currently on leave from Osaka until August 2019, and as a JSPS Overseas Research Fellow, he is conducting mathematical research at Stanford University in USA.

As a researcher, he specializes in differential geometry—geometry in curved spaces. His main focus is on the study of “asymptotically symmetric spaces.” It is a far-reaching generalization of geometry and analysis on the hyperbolic plane, the discovery of which occured in the early nineteenth century thoroughly altered what geometry means. For further details, see the description in my osaka-u.ac.jp web page (under preparation).

As an educator, he teaches mathematics at Osaka University to undergraduate students majoring mathematics and those majoring other subjects as well. Through his lectures and other opportunities, he tries to convey the delight of having an experience of understanding something deeply, and to help students developing a rich and versatile sense of values.

Recently, he occasionally enjoys delivering public lectures, which are mainly aimed at math lovers and prospects. He wishes to have chances to talk outside of academia continually. He is also interested in knowing in what various ways mathematics pops up in the world and how people with mathematical background are making difference in the world.

About

大阪大学のスタッフとして、数学の研究や教育などをしています。また現在は、日本学術振興会海外特別研究員としての立場をいただき、2019年8月まで大阪大学における通常業務からは一時的に離れ、スタンフォード大学で研究を行っています。

研究上は主に、微分幾何学、すなわち曲がった世界の幾何学に取り組んでいます。中心的な研究対象は「漸近的対称空間」です。19世紀前半に発見された「双曲平面」という新たな世界は幾何学の意味を一変させたのですが、漸近的対称空間の研究は、双曲平面における幾何学および解析学を、いくつかの意味で大きく一般化し発展させたものということができます。より詳しくは、大阪大学のページをご覧ください。

教育の面では、大阪大学で、理学部数学科の学生や他学部初年次学生を対象とする数学の講義・演習を担当しています(上述の通り、現在はお休みしています)。数学をきちんと教えることは当然ですが、さらに学生が、物事を自分自身で本当に理解するという体験をし、豊かで深い価値観を身につけることができるような手助けをしたいと思っています。

最近は、一般向けの講演も少しずつさせていただくようになりました。これらは現在のところ、数学を楽しむ方々に向けたほとんどボランティアというべきもので、個人的な楽しみも兼ねています。将来的にも、何らかの形で大学を離れたところでお話をする機会を継続的に作るつもりです。また社会一般において数学の見せるさまざまな姿にも興味があります。普段から見聞きできる範囲においては情報収集しているつもりではあるのですが、近い将来における個人的なプロジェクトとして、数学を学んだ人たちが社会の多様な場所でその視点をどのように活かしているのか知っていきたいと考えています。